Snapmaker J1 High Speed IDEX 3D Printer
Snapmaker J1 High Speed IDEX 3D Printer
Snapmaker J1 High Speed IDEX 3D Printer
Snapmaker J1 High Speed IDEX 3D Printer
Snapmaker J1 High Speed IDEX 3D Printer
Snapmaker J1 High Speed IDEX 3D Printer
Snapmaker J1 High Speed IDEX 3D Printer
Snapmaker J1 High Speed IDEX 3D Printer
Snapmaker J1 High Speed IDEX 3D Printer

Snapmaker J1 High Speed IDEX 3D Printer

Regular price USD $1,399.00 Sale price USD $1,199.00
/
Free shipping on orders over $99.
992 in stock

Ship to
Order will be shipped in March 2023. The expected delivery period is 4-8 weeks.
 
Snapmaker J1 3D プリンタは独立型デュアル押出機、超高速プリント速度、スムージングの最適化などの機能を搭載したプリンターです。また、鋳造・機械加工部分、直線レール、直感的なソフトウェア、ユーザー重視の設計を採り入れた、J1 は洗練され強固なソリューションでもあります。
 
メーカージャーニーを始めるのに必要なものがすべて含まれています。
 
Overall features:
  • Up to 10,000 mm/s² acceleration and up to 350 mm/s printing speed
  • 分離可能サポートと分解可能サポートで取り外しが簡単
  • Copy Mode and Mirror Mode that double productivity
  • 300°C hot ends & 100°C heated bed
  • Print volume 300 × 200 × 200 mm³
  • Easy-swap hot ends with multi-diameters
  • Double-sided PEI Glass Plate
  • 5 インチの直感的なタッチスクリーン
  • Built-in nozzle wipers

高速 IDEX 3D プリンター

Breakaway & Dissolvable Supports

並行印刷

高度な素材
プリント

インテリジェントなキャリブレーション

超高速印刷

ワンピースダイカスト

高速でさらなる先へ。

最大速度
350 mm/s 

最大加速度
10,000 mm/s2

進化した動作制御アルゴリズムでスピードを強化。

振動補正

J1 brings you a top-of-class printing speed of 350 mm/s while ensuring a high resolution of prints. It is made possible by the optimization of the vibration compensation technology. This technology reduces the vibrations caused by high-speed movements, minimizing ringing to enhance print quality. With the maximum acceleration of 10,000 mm/s², you can realize small models packed with details with efficiency.

押出機をシームレスに切り替え

デュアル押出機印刷中は、非動作中の押出機は待機中に予熱されるため、動作中の押出機の稼働が終わるとすぐに印刷が開始されます。これにより、待ち時間の大幅な削減が可能です。

コーナリングの最適化

J1 は、押出機が向かう方向を事前に分析することで、コーナーの膨らみなどの問題を防ぎ、コーナーの印刷品質を向上させます。

精巧なハードウェアデザインが可能
にするプリント速度。

ワンピースダイカスト

J1's body comprises an upper frame and a base made by one-piece die casting, and four aluminum alloy bars. Making the body with just a few highly integrated parts—an approach long adopted by the automotive industry—facilitates precision assembly.

また、J1 の強固で信頼性の高い、そしてぐらつきや変形を可能な限り抑えたデザインにより、長時間ノンストップでの大型プロジェクト印刷が可能で、しかも品質が損なわれることがありません。

High-precision
の直線レール

The industrial-grade linear rails are made by CNC grinding at the micron level, ensuring smooth and steady movements. A significant rise in precision, rigidity, and durability for you to savor a fast, accurate, and steady making experience.

再現性[1]
±0.03 mm (X/Y)
±0.02 mm (Z)

製品寿命の目安[2]
10年以上

Aluminum Alloy
Frame

J1 は、ユーザーがその剛性と耐久性を高く評価する Snapmaker の象徴的なオールメタルデザインをを受け継いでいます。メインボードと電源をベースに広げ、アルミニウム合金を主材料とすることで熱分散がより効果的になります。すべての電気コンポーネントには十分に油をさし、いつでも準備ができています。

IDEX で無限の可能性を。

IDEXcel をデュアル素材印刷で。

マルチ素材ユニットと比較すると、IDEX のデュアル素材印刷ではフィラメントの交換時間が軽減されており、無駄も減っています。また、IDEX は、交差汚染を防止する最もクリーンな 2 つの押出機ソリューションを提供します。2 つの素材間のインターフェイスがクリーンなため取り外しが簡単で、シーム沿いのシミや汚いブレンドが防がれます。

一瞬で取り外し、スムーズな仕上がり。

Building and removing support can look like rocket science sometimes, but we've done the math for you–steady support, clean interface, effortless removal, and minimal post-processing needed to maintain high dimensional accuracy.
モデルをそのまま、過不足なく。

分離可能サポート

分離可能なフィラメントにより、通常の素材と同じサポートを使用しつつ、より簡単に取り外せて後処理が不要になります。

分解可能サポート

J1 supports PVA and other dissolvable materials. Soak the print, and the supports dissolve, leading to a smooth surface and excellent dimensional accuracy. When you are looking for complex geometry, hollow structures, and exquisite details, this is for you.

1 + 1 > 2

2 つの押出機に異なる設定を選択することで、個々のフィラメントの性能を最大化することができます。

デュアル素材印刷。1 つの印刷で 2 セットの特性を最大限に活用できます。ナイロンの強度と TPU の柔軟性を組み合わせて、日常の摩耗や損傷に耐えることができる機能部品を実現しています。複数部分からなるオブジェクトの全体印刷が可能。オブジェクトが組立いらずでより強固な相互結合を得られるため、損傷からの影響がより少なくなります。

Bicolor Prints. Add a splash of personality to your concept models, miniatures, party essentials, gift items, and home decor.

Use different materials on the walls and the infill. By printing infill with economical materials plus a large-diameter nozzle, you can now spend most of your time and money budget on working the exterior to perfection.

並行印刷。

半分の待ち時間で生産性を 2 倍に。 IDEX is the only extrusion system with two separate extruders moving independently on the X-axis, enabling you to run two prints simultaneously.

コピーモード

1 回で 2 つの印刷を同時に。特にバッチ印刷に適しており、スタジオや愛好家におすすめです。片方の印刷に問題が発生して停止したとしても、もう片方は影響を受けません。タイなスケジュールでもピンチから救い、納期通りの納品を叶えてくれるモードです。

Mirror Mode

J1 では、モデルを直接ミラーリングし、オリジナル版とミラーリングされたモデルを一度に行えます。対称モデルの場合、半分をインポートしてミラーモードで印刷すれば、待ち時間を 50% 減らすことができます。素早い下書きやコンセプトモデルに最適です。コピーモードと同様、片方の印刷を停止してももう片方の印刷に影響しません。

プラン B を常に用意してエース級のパフォーマンスを。

バックアップモード

バックアップモードでは、1 つの押出機をスタンバイ状態にしたままもう 1 つの押出機で印刷できます。稼働中の押出機に問題が発生した場合はスタンバイ状態の押出機が作業をシームレスに引き継ぎ、高品質な印刷を完成させます。

さらなる進化を叶える。

押出機は、要求の厳しい高度な素材でも一貫して優れたパフォーマンスを提供するように再設計されています。これにより、さまざまなエンジニアリングアプリケーションの構造的・機能的需要を満たす高品質なプロジェクトを、手間をかけずに印刷可能です。

J1 で高度なプロジェクトを。

TPU

柔軟性があり、押し出し量が少なすぎる傾向があるため、押し出しと熱放散を正確に制御する必要があります。

ナイロン/PA[3]

ナイロン、PA-CF(ポリアミド炭素繊維)および PA-GF(ポリアミドガラス繊維)を含む。丈夫で耐摩耗性に優れていますが、プリント温度とノズル硬度の厳しい条件が必要です。

PC

高度な熱耐性と優れた耐久性を発揮。反りや収縮を起こしやすいため、安定した周囲条件が必要ですが、密閉された空間が最適です。

300°C Hot Ends

300°C maximum nozzle temperature comes in handy when you print with high-temperature filaments, like nylon, reinforced nylon, and PC. With silicone hot end socks preventing heat loss, filaments melting and heating up are much faster. Anti-clogging designs make the flow as smooth as possible.

デュアルダイレクトドライブ

Excellent extrusion accuracy that aids in the extrusion of flexible filaments, along with the high responsiveness of dual direct drives to make deposition faster, smoother, and more accurately controlled. It is built in with a filament sensor to inform you and pause the print job in the case of filament runout, nozzle clogging, and other abnormalities that fail filament loading.

コンパクトな押出パス

ユニークなデザインのコンパクトな押出パスで、TPU やその他の多くの柔軟な素材の印刷がシームレスになります。

密封空間

安定した周囲条件により、高温材料の一貫した信頼できる性能を促進します。例えば、これによって ABS やその他の多くの素材の反りを防ぎます。

ワーク。フロー。

Luban の IDEX 3D スライサー用に特別設計。

核心まで合理化。必要なものがすべて、最も便利な場所に。J1 とあなたをシームレスに連携。専門家も満足するレベルの深層カスタマイズと 300 種類以上のパラメーター設定が用意されています。また、印刷をすればするほど進化し、Cura プラグインも搭載されているのでさらに便利です。

• Dual-extruder configuration

5 インチの直感的なタッチスクリーン。

パーソナルガイド付きセットアップと詳しいアシスタントが、分かりやすい説明やファイルのプレビュー、豊富な情報を提供し、あなたの疑問やニーズのすべてを解決します。[4].

• 4 Printing Modes available
• Dual-extruder configuration
• Live display of working status

3 秒数えるだけでキャリブレーションが完了。

We utilize electrical conduction to locate the two hot ends and the heated bed and measure the distances between the three entities—a creative solution to complex IDEX calibration. This time saver enables you to complete the calibration in 10 minutes under the Assist Mode.Taking away the calibration card and the judgement call, it reduces errors and arrives at better accuracy.

ハンズフリーの XY オフセットキャリブレーション。

2 つのホットエンドがヒートベッド上の方形の開口部に触れると、その正確な位置を知らせる電子信号が送られ、J1 がそれを元に 2 つの間のオフセットを計算します。その後、J1 が印刷中にオフセットを自動相殺します。これにより XY アラインメントが完璧に配置され、レイヤーのシフトが回避されデュアル素材印刷の成功率が改善されるようにします。

これで長い学習カーブが不要になり、膨大な量の直線を精査する手間が省けます。開始をタップして待つだけで、さらなる精度の印刷が可能に。

ツール不要のベッドレベリング。

3D プリントの成功にはレベルプリントベッドが必要不可欠です。しかし、IDEX のベッドレベリングには膨大な時間がかかることがあります。

Using a PEI glass plate of high flatness, J1 can downsize from a 3 × 3 (9 points) or 4 × 4 (16 points) leveling to a 3-point one with no compromise on levelness and downtime dropped by 70–80%[5].

タッチスクリーンのガイドに従ってレベリングホイールを回転させ、ベッドが 1 層目で完璧に付着するようにレベリングします。

Z オフセットキャリブレーションを簡単に管理。

J1 では、電導によってホットエンドとヒートベッド間の距離を計算できます。これにより、Z オフセットの調整中にキャリブレーションカードを前後に動かす作業を省略することが可能になりました。サムホイールをタッチスクリーンのガイドに従って回転させるだけで、Z オフセットキャリブレーションの達人になります。

Make Anything,
べて必要な場所に。

カスタムの PEI ガラス板。

J1 のビルドプレートは非常に平らなガラス製のため、第 1 層がスムーズかつぴったりとくっつきます。片面はつやつやガラス、もう片面は PEI コーティングで、さまざまなフィラメントの付着に役立ちます。プレートは簡単に取り外し可能です。そのため、メンテナンスや印刷の取り外しに非常に便利です。

スワップが簡単なホットエンド。

ホットエンドの 2 つのねじをゆるめてホットエンドを修理または交換し、すぐに印刷を再開できます。さらにさまざまなタイプの印刷や高度なアプリケーションが必要な場合を想定し、精細な印刷が可能な 0.2 mm のホットエンドから高速印刷用の 0.8 mm のノズル、さらにはエンジニアリング素材用のホットエンドにいたるまで、さまざまな直径のホットエンドをご用意しています。

ノズルワイパー内蔵。

ノズルから余分な素材をこすり落とし、動作停止したばかりの押出機からのにじみを止めることで、マルチ素材の印刷にブロブや糸引きが入らないようにします。押出機は、動作停止したばかりの押出機の冷却を待たずに、印刷ジョブをインラインで開始できます。押出機の切り替えにかかる時間を短縮できるため、ダウンタイムのさらなる短縮につながります。

Pre-assembled & Tuned. Ready When You Are.

ベストコンディションに調節・テスト済み。J1 が届いたら、開封してフィラメントホルダー、ドア、パネルを取り付けるだけですぐに印刷を開始できます。

注:
[1] データは、テスト条件や製品の繰り返しによって異なる場合があり、あくまでも参照用です。
[2] データは、1 日 24 時間あたり 100 mm/s での印刷を元に想定したものです。テスト条件や製品の繰り返しによって異なる場合があり、あくまでも参照用です。
[3] ナイロンおよび強化ナイロンフィラメントでプリントする場合は、硬化スチールノズルを使用する必要があります。
[4] UI は、繰り返しによって変わる場合があります。
[5] データは、テスト条件や製品の繰り返しによって異なる場合があり、あくまでも参照用です。

仕様

プリントの特性

 

技術

溶融フィラメント製造(FFF)

押出機システム

Independent Dual Extruders (IDEX)

プリントモード

1.デフォルトモード
2.バックアップモード
3.コピーモード
4.ミラーモード

ビルドボリューム
(W × D × H)

Default Mode & Backup Mode: 300 mm × 200 mm × 200 mm
Copy Mode: 160 mm × 200 mm × 200 mm
Mirror Mode: 150 mm × 200 mm × 200 mm

レイヤーの高さ
(with 0.4 mm nozzle)

0.05 mm–0.3 mm

Build Plate

PEI ガラス板

最大ヒートベッド温度

100°C

ノズル径

0.4 mm(内蔵)
0.2 mm、0.6 mm、0.8 mm、硬化(別売)

最大ノズル温度

300°C

フィラメント径

1.75 mm

サポートされるマテリアル[6]

PLA、ABS、HIPS、PC、TPU、TPE、PETG、ASA、PP、PVA、PA、PA-GF、PA-CF

データ伝送方式

Wi-Fi、USB ケーブル、USB フラッシュドライブ

動作ノイズ

< 50 dBA

機器の特性

 

Dimensions (W × D × H)

539 mm × 401 mm × 464 mm

総重量

25 kg

タッチスクリーン

サイズ:5 インチ
OS:Android
Resolution: 1280 × 720 pixels

メモリ

1 GB RAM、8 GB eMMC

直線レールの再現性[7]

± 0.03 mm (X/Y)
± 0.02 mm (Z)

直線レールの製品平均寿命[8]

10年以上

動作条件

 

動作環境

Temperature: 10ºC–35ºC
Relative Humidity: 10%–90% (non-condensing)

保管環境

Temperature: -20ºC–55ºC
Relative Humidity: 10%–90% (non-condensing)

電源

 

入力

Rated Voltage: AC 100 V–240 V, 50 Hz/60 Hz
定格電流:4.4 A 以下

出力

DC 24 V、400 W 以下

ソフトウェア

 

サポートされるソフトウェア

Luban(サードパーティのソフトウェアに対応)

Luban の対応OS

Windows、macOS

サポートされるファイルフォーマット

STL、OBJ、3MF

出力ファイルフォーマット

Gcode

ボックス内

Snapmaker J1 3D プリンタ × 1

Quick Start Guide × 1

Safety Guidelines × 1

Calibration Card × 1

Wiping Cloth × 1

Orange PLA Filament × 1
PLA フィラメント 白 × 1

Left Door × 1
右ドア × 1

Side Panel × 2

PEI Glass Plate × 1

USB Flash Drive × 1

Tweezers × 1

Power Cable × 1

Palette Knife × 1

Wire Brush × 1

Diagonal Pliers × 1

Filament Holder × 1

USB-B Cable × 1

M3 × 6 ネジ × 16

M4 × 8 Screw × 4

Hot End Sock × 2

5.5 mm Wrench × 1

H3.0 Hex Key × 1

H2.5 Hex Key × 1

H2.0 Hex Key × 1

H1.5 六角レンチ × 1

注:
[6] PA、PA-GF、PA-CF でプリントする場合は、硬化スチールノズルを使用する必要があります。
[7] データは、テスト条件や製品の繰り返しによって異なる場合があり、あくまでも参照用です。
[8] データは、1 日 24 時間あたり 100 mm/s での印刷を元に想定したものです。テスト条件や製品の繰り返しによって異なる場合があり、あくまでも参照用です。

High Speed IDEX
3D Printer

Breakaway & Dissolvable Supports

並行印刷

高度な素材
プリント

インテリジェントなキャリブレーション

超高速印刷

ワンピースダイカスト

高速でさらなる先へ。

最大速度
350 mm/s 

最大加速度
10,000 mm/s2

進化した動作制御アルゴリズムでスピードを強化。

振動補正

J1 brings you a top-of-class printing speed of 350 mm/s while ensuring a high resolution of prints. It is made possible by the optimization of the vibration compensation technology. This technology reduces the vibrations caused by high-speed movements, minimizing ringing to enhance print quality. With the maximum acceleration of 10,000 mm/s², you can realize small models packed with details with efficiency.

押出機をシームレスに切り替え

デュアル押出機印刷中は、非動作中の押出機は待機中に予熱されるため、動作中の押出機の稼働が終わるとすぐに印刷が開始されます。これにより、待ち時間の大幅な削減が可能です。

コーナリングの最適化

J1 は、押出機が向かう方向を事前に分析することで、コーナーの膨らみなどの問題を防ぎ、コーナーの印刷品質を向上させます。

精巧なハードウェアデザインが可能
にするプリント速度。

ワンピースダイカスト

J1's body comprises an upper frame and a base made by one-piece die casting, and four aluminum alloy bars. Making the body with just a few highly integrated parts—an approach long adopted by the automotive industry—facilitates precision assembly.

また、J1 の強固で信頼性の高い、そしてぐらつきや変形を可能な限り抑えたデザインにより、長時間ノンストップでの大型プロジェクト印刷が可能で、しかも品質が損なわれることがありません。

High-precision
の直線レール


The industrial-grade linear rails are made by CNC grinding at the micron level, ensuring smooth and steady movements. A significant rise in precision, rigidity, and durability for you to savor a fast, accurate, and steady making experience.

再現性[1]
±0.03 mm (X/Y)
±0.02 mm (Z)

製品寿命の目安[2]
10年以上

Aluminum Alloy
Frame


J1 は、ユーザーがその剛性と耐久性を高く評価する Snapmaker の象徴的なオールメタルデザインをを受け継いでいます。メインボードと電源をベースに広げ、アルミニウム合金を主材料とすることで熱分散がより効果的になります。すべての電気コンポーネントには十分に油をさし、いつでも準備ができています。

IDEX で無限の可能性を。

IDEXcel をデュアル素材印刷で。

マルチ素材ユニットと比較すると、IDEX のデュアル素材印刷ではフィラメントの交換時間が軽減されており、無駄も減っています。また、IDEX は、交差汚染を防止する最もクリーンな 2 つの押出機ソリューションを提供します。2 つの素材間のインターフェイスがクリーンなため取り外しが簡単で、シーム沿いのシミや汚いブレンドが防がれます。

一瞬で取り外し、スムーズな仕上がり。

Building and removing support can look like rocket science sometimes, but we've done the math for you–steady support, clean interface, effortless removal, and minimal post-processing needed to maintain high dimensional accuracy.
モデルをそのまま、過不足なく。

分離可能サポート

分離可能なフィラメントにより、通常の素材と同じサポートを使用しつつ、より簡単に取り外せて後処理が不要になります。

分解可能サポート

J1 supports PVA and other dissolvable materials. Soak the print, and the supports dissolve, leading to a smooth surface and excellent dimensional accuracy. When you are looking for complex geometry, hollow structures, and exquisite details, this is for you.

1 + 1 > 2

2 つの押出機に異なる設定を選択することで、個々のフィラメントの性能を最大化することができます。

デュアル素材印刷。1 つの印刷で 2 セットの特性を最大限に活用できます。ナイロンの強度と TPU の柔軟性を組み合わせて、日常の摩耗や損傷に耐えることができる機能部品を実現しています。複数部分からなるオブジェクトの全体印刷が可能。オブジェクトが組立いらずでより強固な相互結合を得られるため、損傷からの影響がより少なくなります。

Bicolor Prints. Add a splash of personality to your concept models, miniatures, party essentials, gift items, and home decor.

Use different materials on the walls and the infill. By printing infill with economical materials plus a large-diameter nozzle, you can now spend most of your time and money budget on working the exterior to perfection.

並行印刷。

半分の待ち時間で生産性を 2 倍に。 IDEX is the only extrusion system with two separate extruders moving independently on the X-axis, enabling you to run two prints simultaneously.

コピーモード

1 回で 2 つの印刷を同時に。特にバッチ印刷に適しており、スタジオや愛好家におすすめです。片方の印刷に問題が発生して停止したとしても、もう片方は影響を受けません。タイなスケジュールでもピンチから救い、納期通りの納品を叶えてくれるモードです。

Mirror Mode

J1 では、モデルを直接ミラーリングし、オリジナル版とミラーリングされたモデルを一度に行えます。対称モデルの場合、半分をインポートしてミラーモードで印刷すれば、待ち時間を 50% 減らすことができます。素早い下書きやコンセプトモデルに最適です。コピーモードと同様、片方の印刷を停止してももう片方の印刷に影響しません。

プラン B を常に用意してエース級のパフォーマンスを。

バックアップモード

バックアップモードでは、1 つの押出機をスタンバイ状態にしたままもう 1 つの押出機で印刷できます。稼働中の押出機に問題が発生した場合はスタンバイ状態の押出機が作業をシームレスに引き継ぎ、高品質な印刷を完成させます。

さらなる進化を叶える。

押出機は、要求の厳しい高度な素材でも一貫して優れたパフォーマンスを提供するように再設計されています。これにより、さまざまなエンジニアリングアプリケーションの構造的・機能的需要を満たす高品質なプロジェクトを、手間をかけずに印刷可能です。

J1 で高度なプロジェクトを。

TPU

柔軟性があり、押し出し量が少なすぎる傾向があるため、押し出しと熱放散を正確に制御する必要があります。

ナイロン/PA[3]

ナイロン、PA-CF(ポリアミド炭素繊維)および PA-GF(ポリアミドガラス繊維)を含む。丈夫で耐摩耗性に優れていますが、プリント温度とノズル硬度の厳しい条件が必要です。

PC

高度な熱耐性と優れた耐久性を発揮。反りや収縮を起こしやすいため、安定した周囲条件が必要ですが、密閉された空間が最適です。

300°C Hot Ends

300°C maximum nozzle temperature comes in handy when you print with high-temperature filaments, like nylon, reinforced nylon, and PC. With silicone hot end socks preventing heat loss, filaments melting and heating up are much faster. Anti-clogging designs make the flow as smooth as possible.

デュアルダイレクトドライブ

Excellent extrusion accuracy that aids in the extrusion of flexible filaments, along with the high responsiveness of dual direct drives to make deposition faster, smoother, and more accurately controlled. It is built in with a filament sensor to inform you and pause the print job in the case of filament runout, nozzle clogging, and other abnormalities that fail filament loading.

コンパクトな押出パス

ユニークなデザインのコンパクトな押出パスで、TPU やその他の多くの柔軟な素材の印刷がシームレスになります。

密封空間

安定した周囲条件により、高温材料の一貫した信頼できる性能を促進します。例えば、これによって ABS やその他の多くの素材の反りを防ぎます。

ワーク。フロー。

Luban の IDEX 3D スライサー用に特別設計。

核心まで合理化。必要なものがすべて、最も便利な場所に。J1 とあなたをシームレスに連携。専門家も満足するレベルの深層カスタマイズと 300 種類以上のパラメーター設定が用意されています。また、印刷をすればするほど進化し、Cura プラグインも搭載されているのでさらに便利です。

• Dual-extruder configuration

5 インチの直感的なタッチスクリーン。

パーソナルガイド付きセットアップと詳しいアシスタントが、分かりやすい説明やファイルのプレビュー、豊富な情報を提供し、あなたの疑問やニーズのすべてを解決します。[4].

• 4 Printing Modes available
• Dual-extruder configuration
• Live display of working status

3 秒数えるだけでキャリブレーションが完了。

We utilize electrical conduction to locate the two hot ends and the heated bed and measure the distances between the three entities—a creative solution to complex IDEX calibration. This time saver enables you to complete the calibration in 10 minutes under the Assist Mode.Taking away the calibration card and the judgement call, it reduces errors and arrives at better accuracy.

ハンズフリーの XY オフセットキャリブレーション。

2 つのホットエンドがヒートベッド上の方形の開口部に触れると、その正確な位置を知らせる電子信号が送られ、J1 がそれを元に 2 つの間のオフセットを計算します。その後、J1 が印刷中にオフセットを自動相殺します。これにより XY アラインメントが完璧に配置され、レイヤーのシフトが回避されデュアル素材印刷の成功率が改善されるようにします。

これで長い学習カーブが不要になり、膨大な量の直線を精査する手間が省けます。開始をタップして待つだけで、さらなる精度の印刷が可能に。

ツール不要のベッドレベリング。

3D プリントの成功にはレベルプリントベッドが必要不可欠です。しかし、IDEX のベッドレベリングには膨大な時間がかかることがあります。

Using a PEI glass plate of high flatness, J1 can downsize from a 3 × 3 (9 points) or 4 × 4 (16 points) leveling to a 3-point one with no compromise on levelness and downtime dropped by 70–80%[5].

タッチスクリーンのガイドに従ってレベリングホイールを回転させ、ベッドが 1 層目で完璧に付着するようにレベリングします。

Z オフセットキャリブレーションを簡単に管理。

J1 では、電導によってホットエンドとヒートベッド間の距離を計算できます。これにより、Z オフセットの調整中にキャリブレーションカードを前後に動かす作業を省略することが可能になりました。サムホイールをタッチスクリーンのガイドに従って回転させるだけで、Z オフセットキャリブレーションの達人になります。

Make Anything,
べて必要な場所に。

カスタムの PEI ガラス板。

J1 のビルドプレートは非常に平らなガラス製のため、第 1 層がスムーズかつぴったりとくっつきます。片面はつやつやガラス、もう片面は PEI コーティングで、さまざまなフィラメントの付着に役立ちます。プレートは簡単に取り外し可能です。そのため、メンテナンスや印刷の取り外しに非常に便利です。

スワップが簡単なホットエンド。

ホットエンドの 2 つのねじをゆるめてホットエンドを修理または交換し、すぐに印刷を再開できます。さらにさまざまなタイプの印刷や高度なアプリケーションが必要な場合を想定し、精細な印刷が可能な 0.2 mm のホットエンドから高速印刷用の 0.8 mm のノズル、さらにはエンジニアリング素材用のホットエンドにいたるまで、さまざまな直径のホットエンドをご用意しています。

ノズルワイパー内蔵。

ノズルから余分な素材をこすり落とし、動作停止したばかりの押出機からのにじみを止めることで、マルチ素材の印刷にブロブや糸引きが入らないようにします。押出機は、動作停止したばかりの押出機の冷却を待たずに、印刷ジョブをインラインで開始できます。押出機の切り替えにかかる時間を短縮できるため、ダウンタイムのさらなる短縮につながります。

Pre-assembled & Tuned. Ready When You Are.

ベストコンディションに調節・テスト済み。J1 が届いたら、開封してフィラメントホルダー、ドア、パネルを取り付けるだけですぐに印刷を開始できます。

注:
[1] データは、テスト条件や製品の繰り返しによって異なる場合があり、あくまでも参照用です。
[2] データは、1 日 24 時間あたり 100 mm/s での印刷を元に想定したものです。テスト条件や製品の繰り返しによって異なる場合があり、あくまでも参照用です。
[3] ナイロンおよび強化ナイロンフィラメントでプリントする場合は、硬化スチールノズルを使用する必要があります。
[4] UI は、繰り返しによって変わる場合があります。
[5] データは、テスト条件や製品の繰り返しによって異なる場合があり、あくまでも参照用です。

仕様

プリントの特性

技術

溶融フィラメント製造(FFF)

押出機システム

Independent Dual Extruders (IDEX)

プリントモード

1.デフォルトモード
2.バックアップモード
3.コピーモード
4.ミラーモード

ビルドボリューム
(W × D × H)

Default Mode & Backup Mode: 300 mm × 200 mm × 200 mm
Copy Mode: 160 mm × 200 mm × 200 mm
Mirror Mode: 150 mm × 200 mm × 200 mm

レイヤーの高さ
(with 0.4 mm nozzle)

0.05 mm–0.3 mm

Build Plate

PEI ガラス板

最大ヒートベッド温度

100°C

ノズル径

0.4 mm(内蔵)
0.2 mm、0.6 mm、0.8 mm、硬化(別売)

最大ノズル温度

300°C

フィラメント径

1.75 mm

サポートされるマテリアル[6]

PLA、ABS、HIPS、PC、TPU、TPE、PETG、ASA、PP、PVA、PA、PA-GF、PA-CF

データ伝送方式

Wi-Fi、USB ケーブル、USB フラッシュドライブ

動作ノイズ

< 50 dBA

機器の特性

 

Dimensions (W × D × H)

539 mm × 401 mm × 464 mm

総重量

25 kg

タッチスクリーン

サイズ:5 インチ
OS:Android
Resolution: 1280 × 720 pixels

メモリ

1 GB RAM、8 GB eMMC

直線レールの再現性[7]

± 0.03 mm (X/Y)
± 0.02 mm (Z)

直線レールの製品平均寿命[8]

10年以上

動作条件

 

動作環境

Temperature: 10ºC–35ºC
Relative Humidity: 10%–90% (non-condensing)

保管環境

Temperature: -20ºC–55ºC
Relative Humidity: 10%–90% (non-condensing)

電源

 

入力

Rated Voltage: AC 100 V–240 V, 50 Hz/60 Hz
定格電流:4.4 A 以下

出力

DC 24 V、400 W 以下

ソフトウェア

 

サポートされるソフトウェア

Luban(サードパーティのソフトウェアに対応)

Luban の対応OS

Windows、macOS

サポートされるファイルフォーマット

STL、OBJ、3MF

出力ファイルフォーマット

Gcode

ボックス内

Snapmaker J1 3D プリンタ × 1

Quick Start Guide × 1

Safety Guidelines × 1

Calibration Card × 1

Wiping Cloth × 1

Orange PLA Filament × 1
PLA フィラメント 白 × 1

Left Door × 1
右ドア × 1

Side Panel × 2

PEI Glass Plate × 1

USB Flash Drive × 1

Tweezers × 1

Power Cable × 1

Palette Knife × 1

Wire Brush × 1

Diagonal Pliers × 1

Filament Holder × 1

USB-B Cable × 1

M3 × 6 ネジ × 16

M4 × 8 Screw × 4

Hot End Sock × 2

5.5 mm Wrench × 1

H3.0 Hex Key × 1

H2.5 Hex Key × 1

H2.0 Hex Key × 1

H1.5 六角レンチ × 1

注:
[6] PA、PA-GF、PA-CF でプリントする場合は、硬化スチールノズルを使用する必要があります。
[7] データは、テスト条件や製品の繰り返しによって異なる場合があり、あくまでも参照用です。
[8] データは、1 日 24 時間あたり 100 mm/s での印刷を元に想定したものです。テスト条件や製品の繰り返しによって異なる場合があり、あくまでも参照用です。

プリントの特性

 

技術

溶融フィラメント製造(FFF)

押出機システム

Independent Dual Extruders (IDEX)

プリントモード

1.デフォルトモード
2.バックアップモード
3.コピーモード
4.ミラーモード

ビルドボリューム
(W × D × H)

Default Mode & Backup Mode: 300 mm × 200 mm × 200 mm
Copy Mode: 160 mm × 200 mm × 200 mm
Mirror Mode: 150 mm × 200 mm × 200 mm

レイヤーの高さ
(with 0.4 mm nozzle)

0.05 mm–0.3 mm

Build Plate

PEI ガラス板

最大ヒートベッド温度

100°C

ノズル径

0.4 mm(内蔵)
0.2 mm、0.6 mm、0.8 mm、硬化(別売)

最大ノズル温度

300°C

フィラメント径

1.75 mm

サポートされるマテリアル[6]

PLA、ABS、HIPS、PC、TPU、TPE、PETG、ASA、PP、PVA、PA、PA-GF、PA-CF

データ伝送方式

Wi-Fi、USB ケーブル、USB フラッシュドライブ

動作ノイズ

< 50 dBA

機器の特性

 

Dimensions (W × D × H)

539 mm × 401 mm × 464 mm

重量

25 kg

タッチスクリーン

サイズ:5 インチ
OS:Android
Resolution: 1280 × 720 pixels

メモリ

1 GB RAM、8 GB eMMC

直線レールの再現性[7]

± 0.03 mm (X/Y)
± 0.02 mm (Z)

直線レールの製品平均寿命[8]

10年以上

動作条件

 

動作環境

Temperature: 10ºC–35ºC
Relative Humidity: 10%–90% (non-condensing)

保管環境

Temperature: -20ºC–55ºC
Relative Humidity: 10%–90% (non-condensing)

電源

 

入力

Rated Voltage: AC 100 V–240 V, 50 Hz/60 Hz
定格電流:4.4 A 以下

出力

DC 24 V、400 W 以下

ソフトウェア

 

サポートされるソフトウェア

Luban(サードパーティのソフトウェアに対応)

Luban の対応OS

Windows、macOS

サポートされるファイルフォーマット

STL、OBJ、3MF

出力ファイルフォーマット

G code